映画『サバイバルファミリー』

こんにちは、たま子です。

相変わらず不穏なニュースばかりですね。

早ければ来年2月から5~11歳へ接種開始

ビルゲイツが天然痘のパンデミックを示唆

するとその数日後に、

◆天然痘ウィルスらしき小瓶が見つかる

天然痘「ワクチン」には、生きた天然痘ウイルスが少量含まれている。 だからこそ、ワクチンはとても危険なのです。 ワクチンが自然界に出回ると、天然痘の大規模な流行を引き起こす可能性があります。

何とも分かりやすい…。また茶番劇を始めるのでしょうか。これでまた世界中の一般市民が右往左往して苦しむのを喜んで見るのでしょうか。


本当に嫌なニュースばかりが続きますが、一応現実に起こっている事といいますか、嫌でもやはり一応知っておいた方がいいと思います。嫌なニュースは知らない方が幸せかもしれませんが、何事も対策を取るには、事実や現状を正しく見る事が肝心です。見たくない、聞きたくない、では、本当に何か起こった時に対策が取れないと思います。

たま子は昔、長い事住宅メーカーや住宅設備関係でお仕事をさせて頂いておりました。どちらもCMで流れるような会社です。ですからそれはそれは忙しかったです。忙しいだけでなく、不動産関係のお仕事をされている方にとってはあるあるだと思いますが、本当に『クレーム産業』なんです。日々突発的なトラブルや理不尽なクレームも沢山ありまして、その対応に追われる時間も取られ、本当に毎日その日の内に帰宅できるのか!?という状態でした💨

それからたま子はいつも『最悪な状況』を想定する事にしました。明らかに問題なく順調に進んでいる場合でも、考えうるトラブルをいくつも想定しておきます。(それだけ、嘘でしょ!?という想定外のトラブルやクレームが突如起こる事が多々あるのです💦)そして当然そのトラブルが生じた時の対策も考えておきます。セットです。最初は無駄仕事のような感じですが、ある程度想定しておく事で、突然トラブルが発生した時でも冷静にかつ早急に対処出来ました。

当然何もトラブルがなく終わる事も多々あります。そうした場合はただの取り越し苦労になりますが、問題ないに越した事はないのでそれはそれでいい事です。何よりも何かあった時にすぐ対策出来ない事のストレスを避けたかったのです。

ある種職業病になってしまったようで、この『常に最悪を想定』する事が日常になってしまいました💦子供が何かトラブルに巻き込まれた時、親族の体調が思わしくなかった時等々、いつも最悪なパターンを想定しては、その対策を講じておくというのが常となってしまっています。幸いにもほとんど取り越し苦労の事の方多かったですが😍

この最悪の場合を想定するのはそれはそれでストレスになりますし、何だかマイナス思考のような感じもしますが、対策を講じた後は逆に安堵がくるんですよね。正に『備えあれば憂いなし』。最終的にはプラスの思考で閉じています。こういったやり方がいいか悪いかは人それぞれだと思いますが😂 たま子はもう職業病として身についてしまっていますので💦

  • 現状を把握する(知っておく)
  • 考えうる最悪を想定する
  • 対策を講じる

をセットで行っています。


と、前置きが恐ろしい程長くなってしまいましたが💦

今起こっている(起こされている)感染症騒動もさることながら、今後、『災害による停電』『太陽フレアによる発電電力喪失』『他国による電磁波攻撃』『燃料不足による計画停電』等々、突然電気が使えなくなる可能性も限りなく高い率で考えられます。(問題だらけで嫌になりますね😭)

その対策を考えるうえでのヒントになるであろう映画が『サバイバルファミリー』です。

突然電気が使えなくなった家族のお話です。

参考になると思いますし、普通に見ても面白いと思いますので、もしお時間があったら是非見てみて下さいね。(旧作品ですので、100円レンタル出来ますよ🤣)

でも…何があっても、きっと大丈夫(言霊)!

では、今日はこの辺で。。。

もしよければポチっと応援クリックして頂けると嬉しいです

人気ブログランキング