紅茶のティバックから大量のプラスティック!? 身体に有害!? 今や周りはプラスティックだらけ 

2021年6月29日

こんにちは、たま子です。

お茶、飲んでますか?たま子の飲み物は基本お茶です。体にもいいし、美味しいし。

だがしかし、『マギル大学(カナダ)のNathalie Tufenkji氏ら』の研究で『プラスチック製のティーバッグから抽出したお茶の中には、マイクロプラスチックと呼ばれる微細なプラスチック粒子も大量に含まれている可能性があることが示された』という研究結果が2019年9月に発表されました。

当時このニュースを見て、かなりショックを受けたのを覚えています。

研究内容

発表された研究内容です。まず、合成繊維を使った市販のティーバッグのお茶4種類を使い、あらかじめ茶葉を取り除いた袋を水の入った容器に浸して加熱し、実際に茶葉を抽出する状況を再現しました。

それを電子顕微鏡で確認したところ、抽出温度(95℃)において、ティーバッグ1袋で約116億個のマイクロプラスチック、さらに約31億個のナノプラスチックがお湯の中に放出されたことがわかったのです。この数値は、他の食品で過去に報告されたマイクロプラスチックより数千倍も高いレベルになります。

研究発表時点では、微細なプラスチック粒子が人体にどのような悪影響を与えるのかはまだはっきりしたことはわかっていませんが、微細なプラスチック粒子が多く含まれた水にミジンコを入れてみたところ、ミジンコは「狂ったように泳いだ」とのことです。詳しい事ははっきり分からないまでも、少なくともプラスチック粒子が小さな生物にとってストレスになる可能性が示唆されたと主張されています。

【参考文献】

Plastic tea bags shed billions of microplastic particles into the cup | New Scientist

Plastic Teabags Are Filling Your Tea With Microplastics (sciencealert.com)

マイクロプラスティックを摂取した場合の人体の影響はまだはっきりと解明されていないようですが(中には問題が無いと謳っている専門家の方もいらっしゃいますが…)、普通に考えて、本来自然界に存在しない物質を生物の体内に取り込んだ場合、悪影響が無いとは絶対に言えないとたま子は思います。何故なら、プラスチックは、自然界の中で半永久的に完全に分解されることが無いと言われているからです。

早く解明される事を望みます。恐らくを事実を認めたくなくなるくらいの悪影響だと推測しますが。。。

プラスティック問題

数年前から、世界中の科学者らによって、プラスチックごみやマイクロプラスチックによる海洋汚染の問題が叫ばれております。ニュースでも何度も放映されているので、今や周知の事実ですね。それに伴い、日本のセクシー環境大臣は『ポリ袋有料化』という稚拙で無意味な対策をとり、ポリ袋が減るどころかむしろ需要が増えているという、国民に不便や余計な出費を強いるだけでなく正に迷惑な対策しかとっていないのが現状です。もっと根本的な部分に大々的にメスを入れないと、改善されないどころかむしろ悪化の一途をたどってしまいそうです。

プラスチックはとても使い勝手がいい代わりに、多くは使い捨てされ、きちんと処理されずに環境中に流出してまう事がとても多いようです。そして環境中に流出したプラスチックのほとんどが、河川などを経由して最終的に行きつく場所が『』なのです。

こうした大量のプラスチックごみは、既に海の生態系に甚大な影響を与えており、例えば、魚類、海鳥、アザラシなどの海洋哺乳動物、ウミガメを含む少なくとも約700種もの生物が傷つけられたり死んだりしているようです。その原因は、廃棄された漁網(主にプラスティックでできている)に誤って絡まってしまったり、ポリ袋を餌と間違えて摂取するなどのプラスティックの影響が90%以上といわれております。

さらに、マイクロプラスティックは海中で有害物質を吸着しやすく、プランクトンや魚などの体に蓄積される為、それが原因の生態系への影響が懸念されております。そう、そのマイクロプラスティックが蓄積された魚を人が食べる…

人間がプラスティックを作り、捨て、結局は人間の身体に戻ってくる。それも大量に。。。最悪な食物連鎖ですね。

今や周りはプラスティックだらけ

なんと、マイクロプラスティックは『塩』からも検出されている!!👇 岩塩からも検出されているようです。もう…かなりショックです😢 でも、海が汚染されているのであれば、塩が汚染されるのも当然といえば当然ですよね。。。

他にも、沢山の日用品の中に含まれています。『化粧品』『洋服』『洗顔料』『歯磨き粉』からもマイクロプラスティックが。。。周りはプラスティックだらけです😥

プラスティック、原発の汚染水、農薬、空からはケムトレイル、もう地球は限界寸前です。個人個人でも出来る事を考えていかないといけないですが、もう待ったなしの状況ですね。

それでもお茶パックは使いたい!何を使ったらいいの?

たま子は、お茶には『お茶パック』、お味噌汁や煮物のお料理の出汁には『出汁パック』を愛用しております。パックを使う事で、後片付けが断然楽になりますので、欠かせないんですよね。。。

でもでも、市販で手に入るものは、恐らくほとんど使えません💨 裏面を見て下さい。

上記のお茶パックの裏面記載の『ポリエステル』『ポリエチレン』はプラスティックの一種ですので、避けた方がいいと思います。他にも『ポリプロピレン』『ナイロン』などもプラスティックの一種ですので注意が必要です。

【参考資料】プラスティックの種類: プラスチックの種類一覧|プラスチックの世界|ポリオレフィン等衛生協議会 (jhospa.gr.jp)

でもでも、お茶パックは何としても使いたい〜!と、ワガママなたま子はお茶がおいしく出るパック』を愛用しております😁 これは、やわらかいコットン生まれの自然派素材「ベンリーゼ(旭化成)」を使用したお茶パッです。安心だと思って使っています。

このお茶パックの素材は『コットン』であり、商品説明には、

原料は『コットンリンター』であり、従来は糸とならない短繊維を使用している。焼却、地上放棄が考えられるが、【焼却の場合】ほぼ完全燃焼し、水と二酸化炭素になる。燃焼温度も低い。【地上放棄の場合】ほぼバクテリアにより分解されて土にかえる。

とあり、環境にもやさしい素材を使用されている事が分かります。有難いですね。

大量に使いますので、たま子はこちらでまとめ買いしております。送料も安いので😁

参考になれば幸いです。

もしよければポチっと応援クリックして頂けると嬉しいです

人気ブログランキング