近々大きな地震に警戒?『MEGA地震予測』の村井俊治東京大学名誉教授がツィート

こんにちは、たま子です。

1月末頃に、世界で大きな地震が起こっているという記事を書きましたが👇

地震の予測をしている、東京大学名誉教授の村井俊治教授が、近々日本に大きな地震がくるかもしれないとのツィートを出されていました。

村井名誉教授は、もともと測量工学の世界的権威である凄いお方のようで、2002年に、GPSで地震予測が出来る可能性を考えていた工学博士の荒木春視氏から研究に誘われ、共同で研究を続けられているようです。

村井名誉教授は、2011年に発生した東日本大震災の直前(6ヶ月前)に、東北地方において地表の異常変動を確認していたようです。しかし、当時はデータの提供企業と守秘義務契約を結んでいた為、簡単に情報発信することが出来ず、残念な思いをした事から、『MEGA地震予測』を誕生させたようです。

ちにみにこの『MEGA地震予測』というのは、

  • 地殻が変動する
  • 低周波の音が伝わる
  • 低周波の電波が出る
  • 電離圏※に乱れが起きる

事より地震予測するアプリです。村井名誉教授やアプリの詳細は ⇒ JESEA地震科学探査機構

具体的な場所の公表は難しいようですが、地震情報(https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/)を見る限りでは、やはり太平洋側の地震が多いようにみえます。そして、たま子が1月末に記事を書いた時に比べ、何となく日本大陸内部での地震も増えているような感じもしますが。。。

いずれにしろ、この1週間は、地震対策や災害対策の見直しをしながら、少し注意をしておいてもいいかもしれませんね。

まぁ何も起きない事を心から願っております。。。

もしよければポチっと応援クリックして頂けると嬉しいです

人気ブログランキング