宅地建物取引士に簡単合格するには『宅建太郎先生』がオススメ

2021年5月11日

こんにちは、たま子です🤗

今回は、突然資格のお話です。

たま子、こう見えて宅建取引士なんです😅 

(ちなみに、2級ファイナンシャル・プランニング技能士も持っています。宅建と被る分野がかなりありますので、宅建に合格すればファイナンシャル・プランニング技能士の試験は簡単に取得出来ると思います👍)

4〜5年勉強して全然ダメだったたま子が、『宅建太郎』先生と出会って(直接ではなく、本と番組でですが)1年かからず合格しましたよ🤣

たま子が宅建を取るまで

たま子は独身時代ハウスメーカーでインテリアコーディネーターをしていたのですが、不動産関係に勤めているのだから、今後転職などする事があるかもしれないし、宅建くらいは取っておいた方がいいかな〜

なんて、何の力強い目標も無く、何となく20代半ばくらいから勉強し始めたんです。

合格率が低いけれど大丈夫かも~ なんて本当に安易な感じで始めたのですが、3年連続で撃沈。。。だって毎日深夜近くに帰ってくるし、休日出勤もあるし、そもそも勉強時間が充分に取れないんじゃ―!

って、言い訳ですけど😅 でも今思えば、たま子のように一生懸命勉強しないで(する時間が取れなくて)何となく合格出来たらいいなぁっていう人が沢山受けているせいで、合格率が低かったのかな、と思います。つまり、それなりに楽しく真剣に勉強すれば、そんなに難しい試験では無いという事です👍

でも、本当に忙しくて勉強時間が取れなかったり、何より独学だと段々モチベーション下がってきちゃうんですよね…

たま子も撃沈後、1年くらい宅建の勉強から離れていました。

宅建太郎先生との衝撃(?でもないけど)の出会い

たま子の若かりし時代って『有線』よく宣伝してませんでしたか?

自宅のオーディオに配線して月額を払うと、いろんなジャンルのチャンネルが沢山あって(70年代ポップスとか、日本歌謡曲とか、クラシックとか、童謡とか、とにかく色々)24時間いつでも好きな曲や番組を聞けるっていうもの。

いつでも好きなBGMをノンストップで流しながら過ごせるのがとても魅力的で、『期間限定、工事費無料』の文字に誘われて、たま子即契約。

その有線の番組に、この『宅建太郎』先生の宅建講義の番組があったのです。

試しに聞いてみたら、これが面白い面白い🤣

宅建の勉強から暫く離れていましたが、この講義聞いて勉強したら合格できそう!と思い、即テキスト買って勉強 ⇒ 8ヵ月くらいで1発合格!!(宅建太郎先生の勉強をしてから1発という事で・・・)

いや〜 今までの4〜5年は何だったの?ってくらい早い道のりでしたよ。

宅建太郎先生のテキストは、小難しく無くシンプル たま子が好きなシンプル! 講義は色んな事例を交えながら面白く話してくれるので、スッと頭に入ってくるんですよね。拒否反応が起こらないというか。

宅建の勉強を独学経験してる人なら分かってくれると思いますが、ある程度長く勉強していると煮詰まってくるというか、内容盛りだくさんのテキストとかの文字を見ると身体が拒否反応を起こして、内容が頭に全く入ってこなくなる時が来るんですよね(汗) でも宅建太郎先生の場合、テキストも説明もシンプルで面白いので、終始拒否反応とは無縁でした( ´艸`)

宅建太郎先生情報

★テキスト

宅建太郎先生の講義は、有線(今現在は『USEN』となっています)、CD等探してみましたが、残念ながら見つかりませんでした(´;ω;`)ウゥゥ

ただ、ユーチューブで見つけました😜

★ユーチューブ

色々見てみたのですが、宅建よりは、アイドル?も含め色々な話題の動画が中心のようでして。。。もっとしっかり探してみたら見つかるかも?

最後に

これからの時代、仕事という概念が大きく変わりそうですよね。

何処かの企業などに雇用される従来の形よりも、個人で仕事を作り出していく形が主流になっていきそう、というか、そうでないと生き残れない時代になりそうですよね。

そういう意味では、宅建もFPも自営出来ますし、また、個人で専門的な分野で挑戦する場合は、むしろ資格があった方が外から見て分かりやすく信頼性が上がるのではないかと思うのですよね。

ただ、仮に仕事に直結しなくても、宅建やFPなどのいわゆる法律に関する事は、ある程度知識として知っておいて損は無いのではないかと思います。

法律を知っているのと知っていないのとだと、何かあった時の対処の仕方が歴然と違ってきますからね。

最近は、弁護士や法に関わる人だけでなく、むしろ一般の人が皆教養として法律を知っておくべきものではないかと思う今日この頃です。

たま子も、時間が出来たら、六法全書でも勉強しなきゃなぁ〜 でも忙しいしなぁ〜(汗)

もしよければポチっと応援クリックして頂けると嬉しいです

人気ブログランキング