【災害対策】④ 寒さ対策

2021年5月26日

こんにちは、たま子です。

米の国はどうなるんでしょうね。1月20日がどうなるのか全く想像が出来ませんが、なんとか正義が勝利する事を願うしかありませんね。そうしなければ日本も暗闇にまっしぐらです。。。今現在も、何度も何度も大袈裟に報道しいたずらに恐怖をあおり、国民の締め付けが加速しています。何とも嘆かわしい事態です。

さて、そんな混沌としたご時世、災害対策は必須という事で、第4弾です。今回は『寒さ対策』です。

先日、大寒波の影響で東北地方で停電がありましたが、平年に比べかなりの低温だった為、停電中は本当に寒い思いをされたと思います。今後春まで何もなければいいですが、1月末から2月にかけて、また大寒波がくるかもしれないという話もあります☟

成層圏の気温が突然上昇する現象により北極の大気循環が崩壊。これにより2月にかけて北半球に超低温がもたらされる可能性が。そして低気温とウイルスの関係… – In Deep

大寒波はもちろん、『地震』『太陽フレア』『噴火』『テロ』など、いつ何が起きてもおかしくない時代ですので、ある程度の対策は必要かと思います。

電池式石油ストーブ

停電の時『薪ストーブ』のお家はいいなぁといつも思いますよね。今はオール電化のお家が主流になってきていますので、真冬に停電になってしまうと本当に死活問題です。

この石油ストーブの利点は、ガスコンロを使わなくても『ストーブの上でお湯を沸かす事が出来る』事ですね。場合によっては料理も出来ますし、ガスボンベの節約になります。

そういった事もあり、一家に一台、電池式の石油ストーブは準備しておくべきと思います。当然灯油もね。

但し、石油ストーブを使う際、かなり気を付けなければいけない事は『換気』です。今の住宅は『高気密高断熱』の家がとても多いですので、かなり意識して換気をしなければ『一酸化炭素中毒』になってしまいます。その点は注意が必要です。

カセットガスストーブ

この『カセットガスストーブ』の利点は、小さいので取り出しや保管が楽、また、熱源が『ガスボンベ』ですので、灯油よりも保管がしやすいといった所でしょうか。小さいながら、結構熱量が高く暖かい商品が沢山出ているようです。

灯油ストーブは幅を取りますので、もしコンパクトに収納されたいのであれば、こちらも検討してみてもいいかと思います。

👆 卓上コンロ用の通常のガスボンベで使用可能です。安価ですのでオススメです。

湯たんぽ

これはたま子は日常使っています🤭 いいんですよ〜凄く。たま子が寒がりなせいなんですが、他の家族全員が全く寒くなくても、たま子だけが何だか肌寒いって時がよくありまして。皆寒くないので温度を上げる事が出来ないので、そんな時はこの『湯たんぽ』登場!お湯を沸かして入れるだけでこんなに暖かい〜

もし停電になってしまった時は、ストーブか卓上コンロでお湯を沸かして湯たんぽを作り、その上に羽毛布団でもかければ、簡易こたつの出来上がり。何個か用意しておくといいと思います。ちなみに、たま子家では3個常備しております。

ホームセンターなどで1000円以下で購入できますよ。

ホッカイロ

これも停電した時の対策に必須です。日常的に外出時にも使用出来ますし、是非準備しておきましょう。

アルミシート

体を保温出来るシートです。風を防ぐ事も出来ますので、たま子は外用として車に入れているのですが、実際本当に暖かいです。かさばるものでもありませんし、100均でも購入出来ます。厚みなどの違いはあるかもしれませんが、ホームセンターでも安価な値段で購入出来ますよ。是非家族分準備しておきましょう。

👇 こんな感じで体を覆う事が出来ます。湯たんぽと併用すればとても暖かく過ごせると思いますよ。

もしよければポチっと応援クリックして頂けると嬉しいです

人気ブログランキング