【子育て】小さい子どもを育て中のママ 離婚はしないで!旦那様に『NHKスペシャル〜ママ達が非常事態!?〜』を見せてみて!

2021年5月20日

こんにちは、たま子です😊

突然ですが、子育ては大変ですよね〜

たま子の子供達は小学生の高学年になりましたが、未だ毎日悩みながら子育てしています。正解が無いですし、次から次と難題を投げかけてきますし・・・

ゲームの時間だったり、習い事を辞めたいだの、家庭学習早くやらないだの、勉強嫌いだの、友達とのトラブルだったり、激しい兄弟喧嘩だったり、反抗期だったり、病気だったり、まぁまぁ全部書けないぐらい毎日色々ありますわ💨

こんなん(大変な事)いつまで続くんじゃい(# ゚Д゚) って思う事が良くありますが、終わりは無いようです😭

もう成人になった方の親御さん(いわゆるご年配の方)が『いつまでも子供の事は心配』とおっしゃる方が結構おられる事からも、完全に子育てから解放される時は無いのかと思っています。

まぁこれも子供を愛するがゆえでしょうけれどね😉

でも、子育てが大変といっても、大変さの質やジャンルが違ってきたり、またやはり少し体力的・精神的に楽になったりという事は、子供の年齢が上がるごとにあると思います。

たま子の子供も今現在も色々ありますが、でもでも、あの赤ちゃんから小さい幼児期の頃よりは、精神的にも体力的にも楽なのは確かです。

何故赤ちゃんを育てるのが辛いのか

たま子が出産してからの子育ては、まさに今で言う『ワンオペ』子育てでした。旦那様は本当に忙しい人で、朝早く出勤し帰りは日付が変わる頃、土日は出張や勉強会で不在、その他にも夜中に緊急で何度も呼び出されて仕事に行かなければいけない状態でした。子供を出産する時期って、パパさんの年齢的に一番仕事が忙しい時なんですよね。それは結婚前から分かっていた事なんですが、頭で分かるのと実際経験するのとでは雲泥の差です。マジか!?って程いないから、頼めない。辛くても体調が悪くても頼む人がいない。

ですから、子育てはほぼというか完全に一人でした。頼りたい旦那様はほとんど家にいないし、両親は同じ市内にいましたが、兄夫婦が共働きの為に、老体にムチ打ってほとんど兄夫婦の子どもの面倒をみていた為、頼みづらいのもあり・・・正直今書いているだけであの頃の辛さが戻ってきました😥

それくらい正直辛かったです。赤ちゃんの事など何にも分からない中で、やれ熱上げた、やれなんか様子がおかしい、やれ沢山話しかけなければいけない、やれ夜中は1時間おきに起きてその度にあやして母乳与えて、それでいて家事もこなさないといけない、自分の体調めっちゃ悪いのに頼れない、それでいて母乳あげてるから食事も手を抜けない 等々

正直、辛いどころの騒ぎではないくらい辛かったです😱

あのミルトンのCM知ってます?『子育ては幸せ♡でも時々大変』ってやつ。

たま子的には、それは無いわーーー! 『子育ては大変❕メッチャ大変❕でも時々、凄い時々だけど幸せ♡』の間違いじゃねーの?って、CM流れる度に今でも毎回突っ込みいれてますわ。

今まさに同じように子育てが辛いママさんは沢山いるんじゃないでしょうか。

では、何故そこまで大変なのか?たま子は自分の性格のせいかと悩んだ事もありましたが(同じように、上手く出来ない自分が悪いとか思っちゃってるママさんいます?)いやいや!ママが悪いんでは無いんです!ママはひとっつも悪くないんです。ちゃんと原因があったんです。

それは、

  • 出産後のホルモンが変わってしまう為
  • かつて人類は赤ちゃんをみんなで育ててきた(面倒をみてきた

からなんですね。

出産後、ホルモンが変わってしまう?

まずは出産前。

妊娠中の妊婦さんの身体では、出産にむけて「エストロゲン」と「プロゲストロン」というホルモンの分泌量が急激に増えていくそうです。エストロゲン」には、子宮を大きくして母乳を分泌させ、気持ちを前向きに活発にさせる働きがあるそうです。「プロゲストロン」には、性欲を抑え、妊娠を維持して赤ちゃんを守る役目があるそうです。

そして出産後。

赤ちゃんを無事に出産した後、この二つのホルモンが急激に激減してしまうのだそうです。これが脳神経細胞の働きを変えてしまい、その為、ママは気分が不安定になり、強い不安や孤独を感じやすくなってしまうようなのです。

つまり、子育てが辛いと感じてしまうのは、ママのせいではなく、この「ホルモン」の減少が原因なのです。

人類はみんなで赤ちゃんを育ててきた

ではなぜそういった急激なホルモンの変化が現れるのか?

それは、人類の赤ちゃんはみんなで育ててきたものだからだそうです。

つまり、ホルモンの変化で母親に「不安や孤独」を感じさせ、協同養育を促すためだと考えられているそうです。「不安や孤独」を感じれば、仲間と一緒に子育てをしたいという気持ちが高まるからだそうです。

なんと!ビックリですよね!

そういえば、昔のドラマなどを見ても、貴族などであれば赤ちゃんをお世話してくれる女性は数名おりましたし、一般庶民であろう家でも、兄弟が赤ちゃんをおんぶしてお世話をしたり、時には近所の女性の方がいとも自然に抱っこして母親代わりになっていたりするシーンを見ましたが、実際そうであったようです。それゆえ、昔のママは出産後の子育てなどを心配する事なく、安心して赤ちゃんを産んでいたんですね。昔は子だくさんだった理由が良く分かります。恐らく赤ちゃんにとっても、沢山の人と接する事が成長にとっても良い影響を与えてくれるのではないでしょうか。

ですから、子育てが辛いのは至極普通の事なのです

子育ての辛さを和らげるには、旦那さんの協力が不可欠

では、今の日本はどうでしょうか?…真逆ですよね。

核家族・近隣住民とは希薄な関係・ワンオペ育児。

よく、公共施設に相談を、とか言いますけど、正直それだけでは足りないのですよ。公共施設に少しばかり赤ちゃんを預けたり相談したりしても、楽になるのはほんの一瞬なのです。

一番身近に、理解して手助けしてくれる人がいて欲しいんです。それはやはり旦那様だと思うでのす。

たま子が離婚を考えた時

最初に書きましたが、たま子の旦那様は忙しすぎて頼る事が全く出来ませんでした。それも当然辛い事なのですが、決定的に辛い事、それは旦那様がこの大変さを全く理解してくれなかった事でした。

そもそも家でたま子が子育てをしているのを見る事が無いうえに、自分も子育てに関わっていないので、大変さが全く分からないんですね。

でもたま子は毎日毎日ストレスマックスです。時々同時期に出産した友人と会っておしゃべりでストレス発散できても一瞬なんですよ。家に戻ってきた時からまた始まる育児でストレスですよ。だから旦那様に色々話さずにはいられないんですよ。そこで旦那様から『うんうん、大変だったね。それは辛かったね。よく頑張ったね。なかなか手伝えなくてごめんね』なんて言って貰えたら、この育児ストレスもかなり和らぐんですが、うちの旦那様、たま子が耐え切れず愚痴を言ったら(仕事が大変な中、愚痴を言われたら嫌だろうとストレスマックスながら気を遣って、愚痴なんて週1回したかしないかの頻度ですよ)

『そんな事(育児の大変さ、どう育てたらいいか、愚痴など)友達に話したらいいでしょ💢 俺に言われても分からないから』

って言ったんです!!

・・・はぁぁぁあ?💢誰の子なの?💢おめーの子だろうよ?💢あんたに共感してもらって一緒に育てていきたいから話してんだろうが💢ふざけんなよ💢

既に二人目を妊娠していながら、そこから離婚を常に意識するようになりました。恐らくホルモンの関係とストレスマックスで正常な判断が出来なくなっていたのだと思います。

再就職先を探したり(前職が激務だった為かなかなか授からずに辞めたのです)その為の保育園先を登録したり。でも社会問題になったように、保育園はなかなか空きが無く、育児と両立出来る時間帯の仕事や、給料と保育料との兼ね合い、検討に時間がかかっておりました。

そんな中で2人目を出産する事になり、また同じ繰り返し…というかむしろこれからもっと苦しい子育てが始まるのかと本当に気分は最悪でした。ただただ2人目が半年くらいになったら職を探して離婚しようとばかり考えていました。

たまたま見つけた『NHKスペシャル〜ママ達が非常事態!?〜』

そんな時、たまたま上記の番組をTVで見たのです。内容が良さそうだったので録画もしておきました。

その内容が、前項に書いた『何故赤ちゃんを育てるのが辛いのか』の詳細だったり、子育てを地獄と感じ辛い思いをしているあるママさんの生活だったり、そして、今の日本は本来あるべき姿(赤ちゃんをみんなで育てていく)からはかけ離れていて、それがママ達を追い込んでいるというような内容でした。まさにたま子の状態でした。登場したママさんは、本当にたま子の生活そのままでした。

涙ながらに見た記憶があります。心が救われたような気持にもなりました。なんていい内容のものを作ってくれたんだ、と、その時ばかりは受信料を払っている事に怒りを感じずに済みましたよ。

そして、旦那様に『時間ある時でいいから、もし気が向いたら見てみて』と、旦那様の性格上多分見ないだろうなぁと特に期待せずにススメておいたのです。

そしたらたま子が寝ている時に見たようで。

次の日に『今までごめんね。この番組をもっと前に見ていればよかった』って謝ってきたんです!!!!

旦那様が変わった

まず最初に番組を見てくれた事に驚き、そしてまさかの反省(?)して謝ってきた事に心臓止まるかと思う程ビックリしましたよ。あまりに想像を超えた展開にビックリしてしまい『あっ…う、うん…』としか返事が出来ませんでした😆

でも、なかなかひねくれもののたま子。反省なんて猿でも出来るわ〜 なんて人でなしのような事を考えていたのですが、ところがどっこい!

子育てに参加する参加する。上の子外に遊びに連れていったり、夜中の夜泣きの時に代わりに抱っこしてくれたり、オムツは勿論、なんと、たま子の愚痴もうんうんと嫌な顔せず聞いてくれたり・・・

ど、どうしたの・・・?って引くぐらい変わってしまったのです、勿論とても良い方へ。まさかたかだか1時間弱の番組で、こうも変わってくれるなんて(泣)

本当にこの番組には感謝です。

もしも今現在、子育てで辛い思いをしているママさんには是非お勧めしたい番組です。数年前のものなので、前はTVで再放送されたり、PCでも普通に映像見る事が出来たのですが、色々探したのですが見つけられず。今はDVDを購入しないと見られないようです。

何気に本もありました。中古ですが⇩

たま子は、離婚しなくて本当に良かったと思っています。

子育て中のママさん、旦那様に頼りましょう。理解してもらいましょう。さらに沢山の人に頼って甘えて無理しないで子育てしてくださいね。大丈夫。みんな同じ。必ず辛いだけの時は乗り越える事が出きますからね。

もしよければポチっと応援クリックして頂けると嬉しいです

人気ブログランキング