中部放送の報道

こんにちは、たま子です。

厚労省のワクの副作用報告、前回8月25日からそろそろ2週間経ちそうですが、副反応検討部会の予定が今現在出ておりませんので、9月8日には実施しないようですね。前回、イレギュラーに前々回より3週間後に実施したのをいい事に、今後も公表までのスパンを3週間以上など長めにとって、国民の意識から遠ざけうやむやにしようという魂胆ではないでしょうかね。と、勝手に邪推しております。

そんな中、中部放送(CBC)が、とてもまともな報道をしてくれたようですよ。

厚労省に取材をしてくれた内容も挙げてくれていますが…いや〜、流石、厚労省ですね。期待を裏切らない信じられない回答ぶり。

コメントを見るに、この動画もいずれ削除されるのではないかと危惧されている方が多いですので、勝手に文字お越ししてみました。(実際、以前たま子が紹介させて頂いた動画は、軒並み見られなくなっています…)沢山の方の目にとまってくれるといいですが。といいますか、NHKの7時からのニュースでやったらいいじゃない?朝のワイドショーで全局で一斉にやったらいいじゃない?


アナウンサー:厚生労働省がHPでも公開しています、新型コロナワクチン接種後の死亡例・その報告書なんです。

これ私読みましたけども、とにかく分厚いんです(資料)。これだけ多くの方が亡くなっているという事なんです

では、何人の方が亡くなったんでしょうか。

(👆上記内容を説明)

厚生労働省は、新型コロナワクチン接種後に死亡した人達(1093人)ですが、新型コロナワクチンを打ったから死亡したかどうか、その因果関係は分からない、と言っているんですね。

では、我々にとって身近なインフルエンザワクチンと比較してみましょう。

インフルエンザワクチン接種後に死亡した方は6人です。推定接種者が5600万人と7200万人ですから、ここに開きがありますけれど、しかし亡くなった方、100倍以上の差があるんですね。

実際に(亡くなられた)1093人の内の1人を見た医師、この方、監察医でもあるんですが、この方に話を伺いました。

ワクチンというのは、遺体に証拠を残さない。これ、あの、毒物であればですね、証拠が残るので、毒物で死んだという事が分かるらしいのですが、しかしながらワクチンは、検査の仕様がない。それは、証拠が残っていないから。なので、検視しても特定出来ない』と語っておりました。

では、厚生労働省はどのように公表しているのでしょうか。

現場に駆け付けた医師、死体を見て、これは"ワクチンと死亡関連あり"と報告した例がファイザーで59件。モデルナは0です。

厚生労働省、最終的な判断、こう下しております。”評価不能”。つまり、関係性は分からない。と言っているんですね。

私、厚生労働省に聞きました。何故、評価が覆るのか。その理由を教えて下さい。厚生労働省、こう言いました。

医師の、”ワクチンが原因”という評価は、主観的な場合が多い

という事なんですね。実際に59件の評価が下ったとしても、厚生労働省、全部で15人いるらしいんですが、医師や薬剤師などで構成されているそのグループで客観的に見ていくと、これは因果関係は分からないよね、というそういう評価になるという事なんです。

そしてもうひとつ。では、死亡例は詳細に検証されているのかどうか教えて下さいと聞きました。

当初は詳しく検証していたが、死亡例が増えた今ではできていない』という事です。

これ、最初の頃は、死亡例がまだ少なかったので、1件1件個別に見る事が出来たそうですけれども、最近、かなり増えてきたという事で、ひとつひとつ詳しく見る事は、今なかなか出来ていないというのが現状のようです。

ワクチンと血液の関係性を調べている、名古屋大学の小島勢二名誉教授に、私聞きました。

ワクチンというのは、血圧を上げる恐れがあるそうです。例えば160、170上がってきて、脳動脈瘤が破裂するという事も考えられるそうです。なので、小島教授言ってました。

『ワクチンを接種した後に、自分の血圧がどのぐらいなのかこまめに計る。これもひとつ自衛策になるのではないか。』という事なんですね。

そして厚生労働省にはですね、これから我々が判断できるような材料を提供して欲しいですし、何より、一体どんな影響をワクチンが身体に及ぼすのか、そこをしっかり解明して欲しいと思います。


動画はこちらです👇

ポイント

◆監察医『 ワクチンというのは、遺体に証拠を残さないワクチンは、検査の仕様がない。それは、証拠が残っていないから。なので、検視しても特定出来ない

←完全犯罪ですね。

◆厚労省 『医師の、”ワクチンが原因”という評価は、主観的な場合が多い

←現場の医師が症状を見て判断した事を『主観的』と一蹴する?現場の医師の判断よりも、過去にワクチンの製薬会社から謝礼を頂いている人を含む15人の方の判断が正しいのでしょうか?

◆死亡例の検証について。厚労省 『当初は詳しく検証していたが、死亡例が増えた今ではできていない』 『最初の頃は、死亡例がまだ少なかったので、1件1件個別に見る事が出来たそうですけれども、最近、かなり増えてきたという事で、ひとつひとつ詳しく見る事は、今なかなか出来ていないというのが現状

死亡例が検証できないほど多い時点で中止にするべきではないですか??というか、死亡例をひとつひとつ詳しくみていないのに『因果関係不明』と結論づけてるのですか??詳しく検証できていないのに『ワクチンの安全性に問題は無い』と評価して、ワクチン接種を続行しているのですか??厚労省さんよ??

よくも平気でこういう回答が出来ますね。

頭おか。。。呆れて。。。

今日はこの辺で。。。

もしよければポチっと応援クリックして頂けると嬉しいです

人気ブログランキング