改めて 副作用の治療費は実費です

こんにちは、たま子です。

毎日毎日朝から晩まで感染報道が過熱していますね。うんざりです。米の国では、CDCがPCR検査がインフルエンザと識別できないから今年中で終了という事を公表しているのに(PCR検査は感染症には使用してはいけないという事はずーっと前から言われておりましたから今更ジローです)日本では未だにそのPCR検査で『陽性者』を『感染者』としておどろおどろしく報道する始末。

クラスターだの何だのと騒いでいるニュース、詳細まで見てみて下さいね。たま子の小さい市でも、毎日『過去最高の感染者!クラスター!』とニュースで報道していますけれども、詳細を見てみると、大体『(感染者は)症状が無いか重くない』です。そりゃそうでしょう。陽性者と感染者は別ですからね。もう本当にうんざりです。

では何で病院がひっ迫しているのでしょうか?本当にコロナ感染だけでひっ迫してるのでしょうか?

リンク
リンク
リンク
リンク

医療ひっ迫の原因、ワクのせいじゃないんですか?


そうそう、ワクチン副作用の被害者29人を認めたらしいですけれども。副作用20,105人(8月4日公表時点)の中の29人ですよ、たったの29人。ちなみに死亡された方919人は1人も認めらておりません死亡は7月末までに計919人で、副反応について検討する専門部会は接種との因果関係は評価できないとしている。)

❝22~66歳の29人について、女性が28人、男性が1人。健康被害が認定された内訳は「アナフィラキシー」が15件、「アナフィラキシー様症状」が8件、「急性アレルギー反応」が6件治療にかかった医療費が市町村から給付される。❞ 👇 しかも、補償額は『月額最大で3万7000円の医療手当などが支給』。…たったの月3万7000円です。しかも最大で。※ちなみに治療費は『国』ではなく『地方自治体』です。

大多数はコロナ感染の報道がほとんどですが、そんな中、ワクチン接種後の副作用の相談が増えている事を報道してくれたところもあるようです。出来れば全国区で報道して欲しいのですが…。

ワクチン接種後の副反応を訴える患者からの相談が増えているといいますが、福田医師が注目するのは、接種直後ではなく、1週間以上経過してから症状が出る患者の増加です。❞❝1週間後の色々な精神症状であるとか倦怠感、うつ、場合によっては自殺企図など。倦怠感などが長引く不調のほか、中には重い発疹が出るケースもある。皮膚症状は急性期の接種直後に出ることが多いが、中には1、2週間経って蕁麻疹症状や蜂窩織炎や帯状疱疹あるいは後遺症がみられます❞ 👇

未だに、摂取しても何ともないよ、とおっしゃる方がたま子の周りでも多いですが、お願いですから長期の事も考えて頂きたい。

政府(国)は、ワクチン接種は無料なので(税金ですので正しくは無料ではありませんが)なるべく早く多くの方が摂取するようにと煽るけれども、副作用が生じた場合は知りません、ご自分で何とかして下さいというスタンス。そして検査や治療費は、ワクチンとの因果関係が認められなければ全て実費です

ちなみに数日入院しただけでもウン十万円かかるようですね。かなり厳しい現実です。ただでさえ経済がズタボロ状態で、一般人は今後収入が上がる見込みがないのに、この高額医療費は痛いどころの騒ぎではありません。

リンク
リンク
リンク
リンク

しかも、副作用症状が完治するかどうかも分からない。永遠と続く可能性もあるのです。上記の山陰放送内の福田先生もおっしゃっていましたね。『1週間ということではなく1か月、あるいは1年、2年、長期的にフォローして観察していく必要があると思います』と。ワクチンとの因果関係が認められなければ、フォロー観察期に医療機関にかかった場合、費用は全て実費です。

リンク
リンク

なぜ長期間のフォローが必要か?『本ワクチンは、新しい種類のワクチンの為、これまでに明らかになっていない症状が出る可能性があるります』。明らかになっていない症状が出たら、病院だって治せませんよね。分からないんだから。だから長期間フォローが必要だって事でしょう。

ワクチンクーポン券に同封されていた説明書の一部

そして仮に副作用と因果関係が認められたとしても『20,105人中の29人』700人に1人の割合の狭き門。そもそもワクチンの副作用と認められて厚労省に報告される事すら難しいのに。そして認められて保障金を支払うのは地方自治体です。国は痛くもかゆくもありませんね。(そして地方財政が困窮すれば国に泣きつく。それによって地方は国の言いなり)

最後に、細川博司医師のフェイスブックです。沢山の方に読んで頂きたいです。文中に出てくる『ノーベル賞受賞の北里大学の大村智先生』は『イベルメクチン』の開発者です。イベルメクチンが承認されれば、今すぐ5種に格下げしてワクチン接種せずとも早々収束するでしょう。でも絶対にやらない。。。細川先生が『日本に残された時間は今年いっぱい』とおっしゃっています。激しく同感です。未だに気が付かない方が多すぎる。いやむしろ今年いっぱい持つのかどうかも疑わしい程、危機的状況だと思っています。👇

https://m.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1074973989913192&id=100022018027734

では、今日はこの辺で。。。

もしよければポチっと応援クリックして頂けると嬉しいです

人気ブログランキング