本日18:00〜厚労省『ワクチン副反応検討部会』/次期兵庫県知事 立候補『中川ちょうぞう』氏が掲げる『兵庫モデル』が素晴らしい!!!

こんにちは、たま子です。

本日、最新のワクチン副反応の詳細が公表される日です。前回までに発表された死亡者の詳細を『女性セブン』が掲載していたようですね。

ワクチン接種後350人超が死亡!「死亡例リスト」にみるリスク要素は?|NEWSポストセブン – Part 2 (news-postseven.com)

この死亡者の死因に『自殺』という記載があり、それをSNSでは『自殺もワクチンの副作用に入れられるの!?』『こりゃぁ接種した帰りにたまたま交通事故にあっても副作用にされそう』などと揶揄する声もチラホラ見られますが、たま子も過去記事に書きましたが、接種してから精神障害のような症状を発症して最終的に自殺に至ったなど、詳細を見るとワクチンが原因の可能性が高いものです。しかし、こういった分析をされると困るのか、厚労省は前回から、ワクチン接種後の死亡者の詳細を記載しなくなりましたけれどね。

本日18:00〜 厚労省 ワクチン副反応検討部会

コロナワクチンの副作用の公表ですが、前回から2週間経た本日18:00〜発表されます。厚労省HPより検討部会の内容をユーチューブでリアルタイムでご覧いただけます(こちら『第63回 資料等』に記載されると見られます)恐らくユーチューブは本当に直前にアップされ、そして終了後すぐ見られなくなります。

一応、前回19時くらいから少し時間が取れましたので、30分くらい見てみました。視聴している人は…たったの700人くらいでした。そりゃそうでしょう。時間も忙しい時間帯ですし、何よりこのライブ配信の事を知らない人がほどんどでしょうから。普通でしたら厚労省が広く告知しなければいけない事でしょう。まぁする訳がありませんけれども。

30分程度しか見られませんでしたが、教授や医師16名がライブ配信形式で会議しておりました。たま子がたまたま見た時は、主に『ワクチン接種後の「心筋炎」の発症』に関してでした。要は、心筋炎の発症事例が多いとう事に関してです。その際1番発言されていた方が、参考人として参加されていた『医療福祉大学大学院医学研究科循環器内科・福岡薬学部教授 岸 拓弥氏』という方でした。そしてこの方が終始お話されていた事は『ワクチン接種後の(副作用の可能性の)「心筋炎」よりも、コロナ感染による「心筋炎」の可能性の方がまずい』という事を終始興奮気味に強調してお話されていました(あくまでもたま子の印象です)

え?そうなんですか?これ、初耳なんですけど。ネットで調べてみると、確かにコロナ感染による心筋炎の可能性もあるような記事がヒットしますが、そこまで興奮して話す程話題になっていない印象ですが。もし本当にコロナ感染で心筋炎が多発しているならば、マスコミはこぞって(不謹慎ながら喜んで)報道するでしょうけれど、あまり聞きませんよね。たま子だけ?

そして、岸氏が最終的に『コロナワクチンを接種する方のメリットを重視』するとの事でした。そして最終的に全出席者に意見を問う場面では、特に積極的に発言される方もほとんどいらっしゃらず、350名以上死者が出ているとは思えないほど淡々とした雰囲気で『では、これまでの報告によって引き続き安全性において重大な懸念は認められないという事でいいでしょうか?』との質問に、皆が軽くコクコクと頷いて終わり、みたいな…。この方達、人間としての心持ってんの?と思いました。あくまでもたま子の印象です。

ちょっと記憶を辿ってのものなので、細かい発言の異なりはあるかと思いますが、短時間の視聴でしたが、見終わった後の率直な感想は『あ〜やっぱりこのワクチンは治験中なんだなぁ』でした。あくまでもたま子の感じ方ですが、そう思いました。ですので、今後どんなに死亡者が出ようが、評価不能・因果関係無し、引き続きワクチン接種を続けて(観察して)いくという流れなのだと思います。。。あくまでもたま子が思うだけですが。

次期兵庫県知事 立候補『中川ちょうぞう』氏が掲げる『兵庫モデル』が素晴らしすぎる!!! 兵庫県に移住したい!!!

現兵庫県知事 井戸敏三(いど としぞう)氏が任期満了の為に、7月18日に兵庫県知事選が行われます。

兵庫県選挙管理委員会 兵庫県知事選挙 (hyogo.lg.jp)

候補者は5名。cd_list2.pdf (hyogo.lg.jp)

  • はっとり修(はっとり おさむ)47歳 無所属
  • 中川ちょうぞう(なかがわ ちょうぞう)65歳 無所属
  • さいとう元彦(さいとう もとひこ)43歳 無所属
  • かなざわ和夫(かなざわ かずお)65歳 無所属
  • 金田峰生(かねだ みねお)55歳 無所属

この候補者の『中川ちょうぞう』氏は、兵庫根加西市の前市長さんだったようです。著書も多数出版されているようですね。この方が選挙公約として『コロナ対策「兵庫モデル」で県民の不安解消』を掲げていらっしゃいます。その『兵庫モデル』がとてもいいのです。というか、本来あるべき姿、本来の正しい姿を述べていらっしゃるのです。本当におっしゃる通りです!今の感染症対策は間違っています(断言します)。



その『兵庫モデル』がこちらです👇 是非読んでみてください。もうその通り!! 本当に素晴らしい!! たま子もずっと『1番大事なのは食』と思っていますから。今の感染症対策なんて嘘っぱちもいいとこ。むしろ免疫力下げて病気になる対策ですから。本当にこの中川ちょうぞうさん』素晴らしい!!是非知事になって頂きたいですね!!

緊急事態宣言・蔓延防止を撤廃、今すぐ経済活動』『無症状者へのPCR検査廃止』『ソーシャルディスタンス・マスク・過度な消毒・強制的な検温不要』

そして取るべきは免疫力アップ』の為の『天然塩の接種』『食べ過ぎない』『軽い運動』

さらに免疫アップの為には食を意識する』事。『甘いものを控える』『添加物を控える』『日本人が昔食べていなかった食べ物を控える』『薬などを使っている食べ物は控える』 

今一度『免疫力』と『自然治癒力』の事を考えなければいけませんね。自分の体の健康を維持するのは、この2つです。そのための『食事』。感染症対策の第1策にくるのは、ワクチンでは決してありません。

中川ちょうぞう氏 ⇒ 中川ちょうぞう(中川暢三)オフィシャルサイトchozo

今後はまともな地方自治体に期待

群馬・渋川市が啓発『高木勉市長は5日の定例記者会見で「市としては接種を奨励しているが、強制ではなく、差別防止も同時に呼び掛けていく」と話した。

未接種者に対する差別などはしてはならないと国は言ってますが、まさに口だけ。マスコミ使って接種をあおり、むしろワクチン差別の環境を作り出しているというお粗末さ(まぁわざとやっているんでしょうけれどね)。だからこそ、この群馬・渋川市のように地方自治体が改めて対策してくれているのでしょう。

今回の中川ちょうぞう氏(次期兵庫県知事←願いを込めて)、そして前回紹介した大阪府泉大津市の市長『南市長』さんユーチューブ)、ワクチン差別への啓発を行った群馬・渋川市など、地方自治体から動きが出てきてる感じがしますね。国がもうひど過ぎるので、これからは地方自治体に期待ですね。ちなみにたま子の住んでる知事と市長はお話になりません(白目)

兵庫県民さん!期待していますよ!!

では、今日はこの辺で。。。

もしよければポチっと応援クリックして頂けると嬉しいです

人気ブログランキング