今後の世界は…残念ながらかなり悲観的です 【解毒方法】全ては【食】 ~松葉茶の解毒方法を教えてくれた『ジュディ・マコビッツ博士』のインタビュー動画(全編)~ 

2021年8月3日

こんにちは、たま子です。

コロナワクチン暴露に対しての解毒効果がある『松葉茶』ですが、既にどこも売り切れ続出のようですね。この松葉茶の解毒を伝えてくれた医師が、コロナ騒動が始まった当初から警鐘を鳴らしていた、ウィルス学専門家の『ジュディ・マコビッツ博士』です。中村クリニックさんのnoteをご覧になっている方であればご存じと思います。

この方の動画は軒並み削除されています。それは、コロナ騒動のねらいや、多くの大手製薬会社の「致命的な秘密」や、アンソニー・ファウチとビルゲイツの悪行などを暴露したからです。そう、支配層の都合の悪い事を話すものは邪魔者とされ、動画や発言は削除され、そしてわざと人格否定の情報を流し、マコビッツ博士の意見が虚構であるかのように図り、真実が広まる事を阻止するのです。

そのマコビッツ博士のインタビュー動画全編を、ご自身のアカウント停止覚悟でユーチューブに挙げてくれていた方がいらっしゃいますので、その動画を紹介致します。削除防止の為に、かなり隠語を使用されておりますが、しっかりと字幕もつけて下さっているので、無音でも分かります。ご覧になれば分かりますが、たま子も色々な情報を得て、今後の状況に楽観視できるものが無い事は何となくわかっていましたが、正直ここまで悲観的なものとは…さすがにしばらく落ち込みました。ですが、何事も、しっかりと事実を踏まえたうえでなければ、その後の対処方法も出てきません。嫌なものに蓋をしたり、目をつぶって見なかった事にしては、その後の対処法が間違ってしまうかもしれません。一度ご覧になる事をオススメ致します。解毒方法も言及されています。

ひとつだけ。マコビッツ博士の話を信じるか信じないか(すでにそういう次元ではないですが、未だにこういう事をすぐ『陰謀論』と一蹴し、思考停止になる方が多いので)ですが、少なくとも、当初からマコビッツ博士が言う通りに現実が動いている事は確かのようですね。

まともな市長もいるんだね

ちょっとその前に、『大阪 泉大津市の南市長』さんを紹介させて下さい。この南市長さん、子供へのワクチン接種は反対と言及し、ユーチューブで市民に『新型コロナワクチン接種について』と題し、とても正直に発信していらっしゃいます。府知事がアレですので、大阪府内の市長さんという事で少しびっくりですが、こんな市長さんもいらっしゃるんですね。これがまさに本当の政治家ですよ。ちゃんと嘘なく情報を開示し、市民に問いかける。こういう方、大臣はじめ国会議員さんではお目にかかれませんね。

https://twitter.com/xZxQnfyxITkenMi/status/1409606290666524676?s=20

このツィッター、早速削除されたのでしょうか。表示されなくなっています。スクショ取っておいて良かったです👆

南市長、ユーチューブで市民に情報を伝えられています。『ワクチンは反対ではないけれども、躊躇派ではある』なぜ子供へのワクチン反対なのかも、しっかりと理由を述べられていらっしゃいます。

~南市長が述べられた事~

  • 任意であり、強制ではない事を周知する事
  • 今回のワクチンは、従来のワクチンとは全く異なるものであり、遺伝子ワクチンである
  • ワクチンは治験中であり、中長期の人体への影響が分かっていないのが事実
  • ワクチンの効果として『感染予防効果の立証はされていません。打っても感染することもあり、打ったら他人に感染させないということもない
  • では、摂取するかどうかの判断は『データ』から判断する(重症化率と死亡率)
  • 今現在の副反応の情報も提示しているので参照していただきたい
  • 『政治・行政が、(厚労省が発表している)副反応の情報をしっかり公示していかないといけない』
  • 若い人の重篤な副作用が多い
  • 若い人にとっては、コロナよりもワクチンでの問題が生じる恐れがある事を危惧している
  • 20歳未満に対してのワクチン接種は反対
  • 副作用は因果関係が認められなければ、治療は実費

素晴らしいですね。国の政治家がもうアレなんで、地方自治体がまともだと国民が救われます。こういった市長さんや知事さんが増えてくるといいですね。ちなみにたま子の地域の知事と市長は、自民党の下僕のようなものなので、全く希望なしです。

世界の副作用

さて、動画の前に、世界の主要な国の『ワクチン接種による副作用』の状況をみてみたいと思います。


【アメリカ】6,113人の死亡者 456,431人の副作用 ← この数値は実際の1%未満だとアメリカのFOXニュースで報道されています。つまり、実質はこの100倍の人数という事です。日本もそうでしょうね。

VAERS データベースからの検索結果 (medalerts.org)

【ヨーロッパ】欧州データベースで13,867人の死者と1,354,336人の負傷者

世界的な大量虐殺が続く:COVID-19ショットの有害薬物反応の欧州データベースで13,867人の死者と1,354,336人の負傷者 (healthimpactnews.com)

【イスラエル】2021年1~2月の間の死亡者は前年度同月比で22%の増加、過去10年間でも最も高い死亡率。ワクチン接種を受けた人の推定死亡率は、5,000人に1人(死亡率:0.02% ←高い数値ですね)

要は、世界中で共通して起こっている事実として、副作用で大量の死亡者が出ていますよ、という事です。それを踏まえての動画👇

【必見】ジュディ・マコビッツ博士/ドクター・アリム氏 動画

シノケンレポート』さんの動画です。シノケンさんもおっしゃっていますが、いたずらに不安をあおるものではありません。少し長いですが、ご覧になられた方がいいと思います。

6:40~ 自然療法士のルイさんの動画の紹介(たま子ブログでも紹介

9:00~ 【第1弾】栄養療法の『ドクター・アリム』氏 チャーリーさんのリーク動画(インタビュー)

  • コロナは怖くない
  • ワクチンのスパイクたんぱく質が問題
  • ワクチンを接種した人が、スパイクたんぱく質を周囲にばらまく(体液・呼吸から)
  • スパイクたんぱく質は血管に入り体中めぐり、さらにACE2の受容体を見つけ、体の中で作成する
  • ワクチンは、脳の機能障害・精神的な問題・行動の変化・心筋炎・プリオンヤコブ病・体に磁気が帯びる などの症状を発する
  • 接種していない人は、摂取した人から暴露される(たま子過去記事)

20:54~ 【第2弾】『ジュディ・マコビッツ博士』 マイクアダムスさん(有名なジャーナリスト)との対談動画

  • ワクチンは絶対に摂取しない事。もし1回目を摂取したものは、2回目は絶対に摂取しない事
  • スパイクたんぱく質には、HIVの成分と人工的な発癌成分が含まれている。人間を壊す破壊兵器そのもの
  • 発癌性の異種マウス白血病タイプのワクチンが本格的に体にまわることで数年かけて最低でも6%のアメリカの国民が死亡する。研究でその検証は終わっている
  • 人口削減です
  • すべてはお金のため。一部の支配層が儲かるため。人類が減れば取り分が増えるから

35:25~ スパイクタンパク質の解毒方法

  • 体に入ってしまったタンパクを製造してこれ以上コピーしないように体の中で活動を抑えることが重要
  • 人間の本来もっている免疫力で活動させないように対応可能(薬などを飲むのはやめましょう)
  • オゾン療法・高気圧酸素療法が効果的
  • 天然物のものにこだわり、免疫の改善をできるケルセチンをとるのも良い
  • 日常から、遺伝子組み換えの食品、コンビニの加工食品などを口にしないこと
  • 体を治してくれるのは食事。薬ではありません。きれいな食事をするように

ドクター・アリ氏 原版URL:スパイクタンパク質に関するアブドゥル・アリム・ムハンマド博士(プリオン) (bitchute.com)

ジュディ・マコビッツ博士 原版URL:ジュディ・ミコヴィッツ博士スパイクタンパク質は5000万人を殺すかもしれない (thepeoplesvoice.org)

過去に紹介してきた医師や博士が訴えてきた事と全く同じですね。そして今現在警告通りに世の中が進んでおりますね。全ては事実を知る事です。何か問題が生じた場合、夢物語で解決に臨むのではなく、どんなに悲惨な事でもどんなに残酷な事でも、まずは事実を受け止めてからでなければ本当に解決策は生まれないものです。

衝撃が大きい内容でしたが、解決策ありましたね。やはり『』です。たま子も何度も何度も言ってきた事です。

ですから、過去記事でも体の為に安全な食品などを色々紹介してきましたが、たま子が今一番危惧している事は、そういった無農薬や無添加などの安心安全な食品を作って販売されている方が、ワクチン被害などに合われ倒れてしまったら、今後販売する事が出来なくなる事です。そうすれば、いくら食の安全といいながらも、購入する事が出来なくなるのです。いくらこちらが欲しくても、作る人がいなれば手に入れる事は出来ません。

添加物だらけのもはや食べ物ではない食品を大量出荷できる大手は(しばらくの間は)いいでしょう。社員も大人数いるでしょうから。しかし、無農薬無添加の安全な商品を作って提供されている所は、大体中小企業や個人の方です。恐らく少人数の会社が多いと思います。そういった方が倒れてしまったらば。。。解毒に必要な安全な食を確保することすら難しくなるかもしれないのです。

今が本当に意味での瀬戸際だと思います。未接種者が接種者から暴露してしまう問題もそうですが、上記の食を作る人の問題もあり、自分だけが摂取しなければ助かるという次元ではありません。今後、いかに多くの人が摂取しない選択が出来るか。。。


【追記】以前『タンポポ茶』の事を紹介しましたが、

ドイツで『タンポポの葉の抽出物は、スパイクタンパク質が ACE2 細胞受容体に結合するのをブロックする』という研究結果が出ているそうです。ドクター・アリム氏が『(ワクチン内の)スパイクたんぱく質は血管に入り体中めぐり、さらにACE2の受容体を見つけ、体の中で作成する』と言っていますので、まさにこれをブロックしてくれると言う事ですね。つまり、未接種者の暴露を防ぐだけでなく、ワクチン摂取者のスパイクたんぱく質の防御にも効果があるかもしれないという事です。情報は、たま子がいつも拝読している『In Deep』さんのブログからです👇

以前、たま子が【解毒②】で『タンポポ茶』を紹介しておりますので、もし宜しければ参考にして頂けますと幸いです👇

今日はこの辺で。。。

もしよければポチっと応援クリックして頂けると嬉しいです

人気ブログランキング