河野大臣がワクチンデマで反論だって!デルタ株が猛威を振るってるんだって!きゃー怖い!

2021年6月28日

こんにちは、たま子です。

昨日の池田議員・高橋医師率いる有志(医師・歯科医・議員総勢400名以上)の嘆願、ご覧になりました?ユーチューブありますがちょっと見づらくなっています(【新型コロナワクチン記者会見】 – YouTube)が、全ての会見の様子を、大画面でとても鮮明に上げて下さった方がいらっしゃいました!(『字幕大王』さんです!)質疑応答もあります。是非見てくださいね👇 

0:53〜 嘆願書提出の有志の自己紹介

1:10〜 質疑応答

で、これ、ニュースでやりました??地上波で報道されました??たま子、地上波のニュースは内容が酷過ぎて具合が悪くなってしまうのであまり見ないのですが、報道されました??ちなみに、一昨日厚労省から公表された、ワクチン副作用の件、地上波で報道されました??死亡者が356人で、アナフィラキシーショックが1411人で、重篤症状が1713人で、副作用が総勢13750人だって、報道されました??インフルエンザワクチンの副作用の100倍近い死亡率だって、報道されました??

普通だったらどちらもトップニュースでしょう?相変わらず報道しない自由、都合のいいい事しか報道しない自由真っ最中ですね。。。これは酷い。。。

河野大臣がデマだって

いや〜色々情報が浸透してきているようですね〜。いい事です。国民に知られては困る情報が出ると、必ず言いだす言葉が『デマ』。河野大臣もまずひと言目が『デマ』でしたね。『デマ』って言葉、便利ですね。ブログで色々な情報を入れて反論されたようですが、恐らくこの反論に反論出来る一般人、沢山いらっしゃると思いますよ。だってSNS見ると、詳しい資料提示して論破されてるの、ほとんど一般人ですもの。毎度素晴らしいなぁと感心しております。(当然分かってらっしゃる専門家や医師などは、赤子の手をひねるくらい簡単に反論出来ると思いますが、マスコミは絶対にそういう意見は報道しませんからね)たま子も1個1個反論書いてみたのですが、書いてる途中で、内容がほとんど過去に書いた記事そのままだったりしたので、時間の無駄と思いやめました。

ただ1つだけ、『ファイザーのファクトシート』と『厚労省のHP』に書かれている事だけで、充分反論になるのではないでしょうか。ファイザーのファクトシートには(5月改訂版)

  • 『まだ臨床試験で調査中』
  • 『治験薬であり、その安全性と有効性は確立されていません』

と、はっきり記載されております。

さらに、厚労省も『ワクチンは、新しい種類のワクチンのため、これまでに明らかになっていない症状が出る可能性があります。』 と、こちらもはっきりとHPに記載しております。

つまり、まだ臨床中で、これまで明らかになっていない症状が出る可能性があると言っているのです。ですから、今の時点では『○○にはならない』とか『○○はあり得ない』などと河野大臣のように断言は出来ないのです

昨日の有志の会でも、河野大臣のデマのお話があがっていました👇

『デマ』を流しているのはどちらですか??大臣、発言される時はよくよく考えてから発言してくださいね。信用に関わりますから。

そして、テレビでは報道されていないようですが、新聞では取り上げてくれたようですね。河野大臣のデマ発言の根拠は何だ?だって(笑)

しかし、残念ながらテレビが情報源の人は、河野大臣の言葉を信じてしまうのでしょうね。はっきりとした物言いに、河野大臣に期待されている方もいらっしゃるようですが、一応河野大臣の人柄がよく分かる動画を載せておきますね👇

きゃー!こわーい!

これから『デルタ型』という『夏風邪』が流行るそうです

さて、たま子は毎朝天気予報を見る為に、どうしてもある一定時間ニュースを見る羽目になるのですが。。。最近のニュースは突っ込みどころ満載ですね。お茶の間に笑いを提供する為に、わざとボケているのかと思ってしまうくらいです。今、アルファだかデルタだか訳わからん名前が飛び交っていますが(ギリシャ文字なのは知ってますよ🤣一応理系でしたし)一応復習してみますね。

「変異株」に指定されているものは
▽イギリスで確認された変異ウイルスは「アルファ」
▽南アフリカで確認されたものは「ベータ」
▽ブラジルで確認されたものは「ガンマ」
インドで確認されたものは「デルタ」としています。

だそうです。そして、日本で話題になっているのは『デルタ』型。先月から騒ぎ始めましたね。コロナの新メニューですよ。そしてこのデルタ型の特徴を、今朝不覚にも見てしまったニュースで報道していたんですね。真っさらな気持ちでご覧ください。

この症状って…ただひと言、・・・風邪ですよね・・・?昔からよく言ってましたよね、今回の風邪は咳が続くらしいよ〜とか、今回の風邪は高熱が出るんだって〜とか、今回の風邪は鼻水が凄いんだって〜とか。毎年毎回流行る風邪の特徴って異なりますよね。その1つじゃないですかね?

そして毎度言う『重症化する危険性が…』という報道。昔から『風邪は万病のもと』って言いますよね。『風邪甘く見ると死ぬことあるからね!』と親に言われた事何度もありますけど。。。所謂、それが『重症化』するって事なんじゃないかしら。

ひどい風邪』って言っっちゃてるし。風邪と感じるって…風邪だから。

この内容を、アナウンサーも専門家の先生も深刻な顔で話してるんですよ。朝から笑わせて貰いました。でも、これから毎日この夏風邪を朝から晩までおどろおどろしい感じで報道するんですよ。それが怖い!

ちなみに、この『ティム・スペクター教授』は、❝ロンドン大学キングス・カレッジの遺伝疫学教授で、ガイズ・アンド・セントトーマス病院の名誉顧問医・同病院の双子児研究所の所長も務めており、1992年に英国で世界最大規模の双子研究(UK・ツイン・レジストリ)を立ち上げ、現在にいたるまで指揮している方❞のようです。『双子の遺伝子』の件では有名な方のようです・・・

今回の数ヵ月で出来たワクチンは万能も万能 予想通りです。

以前『❝インド株(デルタ型)は日本人の6割が持つ白血球「HLA-A24」の攻撃を逃れる変異を持つ。再感染や、ワクチンが効きにくくなる可能性も指摘されている。❞ というニュースが、いつの間にか『インド型にもワクチンは高い確率で有効』という報道に代わるんでしょうね。』という事をちらっと書いていましたが👇

予想通りでした。

5月22日記事(変異ウイルス“デルタ株” 感染力は1.78倍 都内でクラスターも | 新型コロナウイルス | NHKニュース)👇

これが、いつの間にか ⇩

本日6月25日放送

脅威の97%!100まであと少し!本当、何の変異株にも対応できるワクチンって最強ですね!数ヵ月でそんな凄いの作れるんだ!未だ臨床試験中なのにね!有効性確立していないのにね!それなのに、どんな変異株にもほぼ100%有効なんだね!

でも副作用も半端ないけどね!きゃー怖い!

ちょっとだけいいニュース

しかし、1つだけ良いニュースがありましたね。

❝新型コロナウイルスワクチンの自治体の大規模接種と職域接種をめぐり、河野規制改革担当大臣は、モデルナのワクチンの配送が追いついていないうえ、今後、供給できる量を上回るおそれがあるとして、大規模接種は23日で、職域接種は25日の午後5時で、新規の申請の受け付けを一時休止すると発表しました。❞👇

大学も一時休止👇 そもそも若者はコロナで1人も死んでいません。休止じゃなくて中止にして下さい。

この一時休止期間中に、沢山の方が気が付いてくれる事を願っています。

では今日はこの辺で。。。

もしよければポチっと応援クリックして頂けると嬉しいです

人気ブログランキング