お笑い厚労省『コロナの科学的根拠は無い』そうです ♪シュ〜ル シュ〜ル コロシュ〜ル♪

こんにちは、たま子です。

たま子はテレビははほとんど見ませんけれども(特にニュースなどの報道番組は見てると具合が悪くなってしまいます)、お笑い番組はまぁまぁ見るんです。やっぱり笑いは免疫力アップに欠かせないですからね。でも、芸人さんが面白いのは勿論ですが、最近は一般の方の情報が本当に面白い。

早速笑わせて頂きました👇 コントです、コント。何度聞いても爆笑です。下にあるツィッターにある音声を勝手に文字起こししてみました。その音声と一緒に読んでみて下さいね。


一般の方『ちょっとお尋ねしたいのですが、新型コロナウィルスって、誰が発見したとか、どこで発見したとか詳しく分かりますか?』

厚労省『え〜とですね、この〜科学的根拠を示すようなものというものは〜 あの〜 実上無い状態でございまして〜 論文等も無い状態なんですがある」ものとして対応しているという状況でございます〜』

一般の方『な、ない?無いとはどういう事なんですかね?(困惑)』

厚労省『う〜ん、科学的根拠に基づいた資料等が無い・・・』

一般の方『無い…無いという事は、何に基づいて「ある」という設定…?(さらに困惑)あるってなってますよね?新型コロナウィルスが蔓延しているって事になっていますよね?今。それは科学的根拠を示されない、という事ですか?』

厚労省『(科学的根拠を)示すものとして今あの〜ご案内出来る物がないのですが、あの〜 こちらの厚生労働省としてはある」ものとして対応しているという状態でございます』

一般の方『あるものとしてって…?(困惑)新型コロナウィルスが「ある」という前提のもとにという事ですか?』

厚労省はい、はい

一般の方でも科学的には証明されていないという事ですか?

厚労省はい』 ← キッパリ

何度聞いても笑ってしまいます。エアーコロナだそうですよ。この『「ある」ものとして対応しております』って、何か面白ワードとして流行りそうですよね。

しかし実際の状況はひとつも笑えるものではありませんね。この『科学的根拠を示す事が出来ないものを「ある」として対応しているもの』に効果があるとして、今大勢の人に『ワクチン』を摂取しているのですよ?たま子は理解が出来ません。

前にも紹介した事がありますが、都道府県の自治体ではコロナの存在を証明出来ないようです。当然ですよね、そもそも厚労省が証明出来ないのですから。証明されていないものをあるものとして対応しているのですから。

https://twitter.com/BOO63349054/status/1386373641223376896?s=20

コロナを証明出来ない他に、ワクチンの有効性も証明出来ないそうですよ(こちらの記事内にあります)👇

少しでも目が覚めてくれる人が増えてくれるといいのですが。。。

ではこの辺で。。。

もしよければポチっと応援クリックして頂けると嬉しいです

人気ブログランキング