ワクちゃんを接種する人が増える程感染者が増加!? 接種した人が重症化!? 英国では2回接種者の60〜70%が死亡もしくは入院!? 報道と全然違うんですけど…

こんにちは、たま子です。

ワクちゃんを接種した人の感染が増えている

以前、ワクチン接種後に感染する人が増えている事を紹介しておりましたが👇

こういった例が続々と出てきております👇

少し前の記事ですが、ワクチン接種後の感染が増加👇 感染者の割合は、今のところ0.01%との事(185万人接種)。

以前に既に紹介しておりますが、アメリカで『ワクチン接種後5800人感染。74名死亡』👇 感染者の割合は、0.008%との事(6600万人接種)日本の0.01%と類似の確立ですね。

そして同じくアメリカ、ワクチン接種済みの4割の州で、1日1万人感染👇

この👆記事、消されてますね。他のニュースも探しましたが全て記事が消されていました。このニュース記事を出していた、TV朝日、ヤフーニュース、名古屋TVのものが、TVで放映されたものも含めて消されていました。知られると都合が悪いのでしょうか?余談ですが、今現在情報規制は普通に行われております。自分で情報を取りにいかなければ、本当の事を知る事が出来ないようになっています。都合の悪いニュースなどはか簡単に消されてしまうので。

ですが、記事を載せてくれているブログがありました👇

❝人口およそ1000万人のミシガン州。およそ4割の人が1回目のワクチン接種を終えていますが、1万人以上の新規感染者が確認された❞

スペインの老人ホームでファイザー社のワクチンの第1回の接種を受けた78人全員がCOVID-19に感染し7人が死亡、4人が入院した👇

接種した人全員が感染って。。。100%って!ファイザーが有効性90何%とかいう高い数字を出してましたけれど、これって感染する確率の間違いなんじゃないのかしら?と思ってしまいますね。

ワクちゃん接種が増えれば増える程、感染者も増えていく

❝表は首相官邸HP掲載の都道府県別実績(医療従事者等、高齢者等)から2月17日~4月16日の1回目接種者数と新規感染者数を並べたもの。東京、大阪など人口が多くワクチン接種者が多い地域では感染者は増えているように見える

不謹慎ですが、面白い程グラフ(ワクチン接種者と感染者)が一致しますね。何かこういうニュースが出ると、決まって『まだ1回目の接種でしょ?』とか『接種前に既にかかってたんじゃないの?』とか『接種から1・2週間たたないと効き目がないんでしょ?』とか言う人が湧いてきますが、そもそもこれはワクチンの代物ではありませんので、1回だから効果が薄いだの、2回接種から効果が生じるだの、そういった次元の話ではないのです。厚労省のHPにも『ワクチン感染予防効果は明らかになっておりません』とはっきり記載されています。もし気になる方は、是非たま子の過去記事を見て下さいね。この点詳しく載せております。

1回目がどうのこうのと言っている方は、恐らくインフルエンザワクチンと同じようなものとして考えているのかもしれませんが、全く別物です。初の遺伝子組み換えワクチンという事は耳にした事があるでしょう。後述しておりますが、この遺伝子組み換えワクチンは、1度接種して体内に入ると排出せずに一生体内に存在する可能性があるものです。そして厚労省のHPにも『新しい種類のワクチンのため、これまでに明らかになっていない症状が出る可能性があります』とはっきり記載されています。ですから、インフルエンザと同様に2回目から効果が出るかどうかも全く分かっていないのですよ。(そもそもインフルエンザワクチンも効果があるかはかなり懐疑的なものですが。コロナワクチンと同様に、インフルエンザワクチンを接種する事でインフルエンザに罹患しやすくなるという説もございます)

では、何故コロナワクチン接種者が増加すれば感染者も増えるのか。その理由は2つ考えられます。あくまでもたま子が考える理由ですが。


まず1つは、以前紹介しました『コロナワクチンを接種した人に近づくだけで、ワクチンを接種していない人にも身体的リスクが生じる(コロナ感染症のような症状も有る)』可能性があるからです。詳細は過去記事で👇 このワクチンは『自己拡散型ワクチン(伝染性ワクチンまたは自己増殖ワクチンとしても知られる)』の可能性が強く、この自己拡散型ワクチンとは『ひとりにワクチンを打てば、あとは次から次へとワクチンが「接触や飛沫から勝手に伝染」していく特徴があります。これが、ワクチン接種者が増えれば増える程、感染者が増えると思われる理由です。


そして2つ目は、❝以前にも紹介しましたが、ワクチン技術・前臨床ワクチン開発に精通していて、本来ワクチンを推進している科学者ワクチンの最高位科学者と言われている科学者ギアート・バンデン・ボッシェ博士が『コロナワクチンは、人間本来の免疫機能を破壊する』と警告しているのです❞

コロナワクチンが『免疫機能を破壊』するとすれば、体は完全に無防備な状態ですよね。とすれば、ワクチンを接種した人が感染しやすくなる事はおかしい事ではありませんし、ついでに重症化してしまうというのも想像できる事だと思います。あ、あくまでもたま子がそう思うだけですので。どう思うかは個人の自由ですよ。

https://twitter.com/bookiswonderful/status/1388829934458609665

ワクちゃん接種する人が重症化する!?

そして、重症化する人が増えているようです。大阪の場合ですが、重症化率が67%増加だそうです。

この重症化した方々、はワクチンを接種した方なのか、もしくは未接種なのかを是非公開して欲しいですね(絶対に公開しないと思いますけどね。)少なくとも、重症化が増加している大阪の、ワクチン接種人数が、東京に次いで2番目に多い事だけは追記しておきますね。

上記のボッシェ博士が言う通り、ワクチン接種により免疫機能が破壊されれば、普通の風邪でも簡単に重症化するでしょうから、これからワクチン接種が増えれば増える程、重症化する人が増える可能性があるという事ですね。

👇あれ??日本のニュースで言っている事と様子が違うようですが。。。? ニュースでは『英国は、国民の半数がワクチン接種を済ませており、感染者激減しております!!』と、いかにもワクチンのお蔭で収束してきているように伝えておりますが。なんと『コロナワクチン2回接種した人の60〜70%が、死亡もしくは入院する事になるだろう』と『英国政府』が予測しているのですが。。。? 何か辻褄が合わなくないですか?

https://twitter.com/ShantiSujahta/status/1387205950415589377
https://twitter.com/monochian/status/1388253203897065472

ちなみに、ボッシェ博士は『コロナワクチンによっての抗体は、「永久的に体内にいる」』とも述べています。以前動画で紹介したました新潟大学名誉教授の岡田正彦氏も『ファイザー社とモデルナ社のコロナワクチンの RNAは分解されないように改変されています』と述べています。『分解されない』という事は、1度ワクチンを接種してしまえば、体内で半永久的に mRNA が残る可能性があるという事です。

あなたの知らないコロナワクチン 岡田正彦 新潟大学医学部名誉教授 テレビだけを見ている人は絶対に知らない事実 知らずにいると取り返しのつかないことになります – YouTube

最後に ファイザー元副社長の訴え

元ファイザー副社長の訴えを載せておきます。『彼らはこの方法(ワクチン)を使ってあなたを殺すつもりです。彼らはあなたとあなたの家族を殺すつもりです』👇

この元ファイザー副社長の訴えは『デマだ!!』という投稿がとても多く出回っています。また、前述した『ワクチン接種した人が拡散する件』についても、同じようにデマ節がかなり多く出てきました。

たま子も見てみましたが。。。火消しをしているようにしか見えませんでした。。。

ですが、人が何を信じ、どう判断するかは個人の自由ですので、是非ともどちらの情報も確認してみる事をオススメ致します。

ではこのへんで、ごきげんよう。。。

もしよければポチっと応援クリックして頂けると嬉しいです

人気ブログランキング