コロナワクチン 何があっても接種を続行 『ごく希(まれ)な症状』『問題ない』

2021年4月22日

こんにちは、たま子です。

世界中でワクチン接種が進んでおります。安全性の確証もなく、副作用があろうとも、全て『ごく希』『関連性不明』『安全性に問題無い』の言葉で片付けられてしまいます。

接種が始まる前は、副作用が多く出たら、当然ワクチンは即中止になるだろうと予測しておりました。ですが、ここまでの一連の流れを見てみると、何がなんでも接種を断行しようとする恐ろしく強い圧力を感じ、疑問とともに恐怖を感じてしまうのはたま子だけでしょうか。

コロナワクチンは治験中です

恐らくご存知ない方も多いかと思いますが、今日本でも接種が始まっているファイザーは勿論、全てのコロナワクチンはまだ治験中です。つまり、今現在人体実験をしているという事です。

しかも、日本の厚労省はそれを把握しております。知らぬは国民のみ。

重篤な副作用→中断→『安全性に問題無し』続行 の繰り返し

【3月11日】アストラゼネカ 血栓 欧州で見合わせ

使用中止する理由なし ⇩

【4月13日】J&J 血栓6例 使用中断

希だから問題ない ⇩

この繰り返し。

そして14日に、デンマークは『アストラゼネカ製を接種後の血栓ができる症例の報告をうけ、3月11日から接種を中断していたが、全ての接種予約を取り消すことを決めた

おお、それは英断!と思っていたら…

 ⇩

『アストラゼネカ製なしで接種計画を進める』『ワクチンを打つメリットはリスクを上回る』『1回目の接種を受けた人には今後別のワクチンが提供される。状況により再開も検討

何が何でも接種を諦めない。アストラゼネカ製だけが問題なのでしょうか?

ワクチン接種した人がコロナに より多く感染する

ワクチン接種しても感染します。ワクチンを接種する事で感染しないと勘違いしている人も多いようですが、表向きは『ワクチン接種により重症化が防げる』ようです、一応。

実際日本でもワクチン接種してからも感染しておりますね。ま、100歩譲って有りとして(インフルエンザワクチンも接種しても罹患しますしね。むしろ接種するから罹患するのかも?)。でも『ワクチンパスポート』のような『接種記録』を地方自治体で管理しようとしているようですが、接種しても罹患するようであれば、その点は完全に無意味ですよね。

14日に、星野リゾート(長野)代表が『「Go To トラベル」事業の再開時は、新型コロナウイルスのワクチンを接種した人に対象を絞るべきだと』との提言をされたようですが、・・・接種しても罹患するなら意味ないでしょ??

https://twitter.com/nikosan1919/status/1382499584987963394

政府御用達の専門家は『ワクチンの効果は接種してから1・2週間たってから…』と必死に発信しておりますが、海外ではワクチン2回接種した人の方がワクチン未接種の8倍感染すると報道されていますよ。それは問題ですよね👇

更に、医学誌BMJに『ワクチン接種を開始した【ほとんどすべての国】で感染拡大が見られる』との投稿👇

米CDC ワクチン接種後5800人感染 74人死亡👇 5800人もいて『まれ』って…💦

フランスTVの報道👇

国民の31%接種の国バーレインで感染者増加👇

などなど。

ですが、NHKニュースでは『ワクチン接種が進んでいる国は、経済活動が再開〜 人で町に賑わいが〜』なんて事を報道しておりますが、事実はいかに??上記のニュースでは、ワクチン接種が進めば進むほど感染者が増えているのが現状のようですが。

日本もワクチン接種が進んでおりますよね。もし上記の海外のニュース報道が事実であれば(日本の報道よりマシ?)今日本で感染者が増えてきている事と一致してしまいますね。とすれば、このままワクチン接種を続ける限り、感染者はこれからもっと増え続けていくのでしょうか。そして

『感染者がまた増えた!大変だ』と煽り ⇒ 『1人でも多くの国民がワクチン接種しないといけない!』と多くの人に接種 ⇒ 再び感染者増 ⇒ 『大変だ!ワクチンを!』 ⇒ ・・・

の最悪なスパイラルに陥ってしまうのではないかと心配性のたま子は想像してしまいます。そうならない事を願うばかりです。

亡くなろうが副作用が出ようがなぜここまでしてワクチン接種を続行するのか。その理由は是非ご自分で調べてみてくださいね。前まではただの陰謀論と言われていた事が、陰謀論でも何でもなく真実だという事に気が付くでしょう。そして全てはシナリオどおりです。

もしよければポチっと応援クリックして頂けると嬉しいです

人気ブログランキング