厚労相 コロナワクチン 副作用は?12〜15歳も接種対象に!?

2021年5月7日

こんにちは、たま子です。

未だ安全性が未知なコロナワクチン、医療従事者から始まり、今日からは高齢者の摂取が始まりますね・・・

そして今度は子供にまで・・・

👆何故か記事が消されていますので、毎日新聞さんの記事を追加👇

ですが、イギリスでアストラゼネカ社製ワクチンの子供対象の治験が、接種後の血栓症で19人死亡で治験が中断となりました。6歳~17歳300人参加して、79人が血栓症になり、19人死亡だそうです。メーカーが違うから…とは、少なくともたま子は思えません。

ワクチンの副作用

最近めっきりワクチンの副作用(副反応ではありません。間違った言葉を意図的に使用していますね)の報道が無くなりましたね。

このニュース、いくら検索してもこの日刊薬業の記事(しかも会員でないと読めない)しか出てきません。

要は、最初の頃は副作用の報告が病院からあがるとすぐ報道していたが、今後は厚労省内の合同会議を経てから発表するという事です。

この合同会議を経る事で、かなりの数の副作用がふるいにかけられて、発表される数はほんの一握りになってしまうのでしょうか。

厚労省発表(〜2021年4月7日までの報告) 副作用

● 死亡:6名 (※その後に発表された報告書では、5名に変更されています…)

接種日死亡日年齢性別
2月26日3月1日61歳
3月19日3月23日26歳
3月24日3月27日72歳
3月9日3月28日65歳
4月1日4月2日62歳
3月17日3月26日69歳

厚労省発表(4月9日):000767201.pdf (mhlw.go.jp)

● アナフィラキシー:350件

● その他副作用:1755件

厚労省発表(4月9日):000767199.pdf (mhlw.go.jp)

        ↓

結果・・・死亡とワクチンの因果関係は不明。安全性に問題無し。だそうです。かなり多い件数だと思いますが、問題無しだそうです。。。

そもそも、この副作用の詳細を知るには、わざわざ厚労省のホームページを検索しないと知る事が出来ません。ニュースなどでは、本当に一瞬しか報道しませんよね。他のどうでもいい事は何度も何度もしつこく流すのに。こういった内容こそしっかり検証して報道すべきだと思いますがね。(って、今のマスコミに期待しても無理ですね)

テレビからしか情報を得ていない人にとっては、副作用がこれほど深刻(だと思っています)な件数が上がっている事を知る人は少ないでしょう。

ツィッターでも👇

ツィッターの生の声

たま子は、ツィッターで医療従事者の方の副作用のつぶやきをチェックしているのですが(政府やニュースでは発表しない為。生の声をチェックするより知る方法はありません)結構な方にかなり重い副作用が出ているようです。是非【ワクチン 副作用】で見てみてください。

ちなみに、全ての副作用が報告されている訳では無いようです。こういった例はもしかして何気に多いのではないかと推測します。とすると、実質は厚労省発表の件数よりはるかに多い可能性が・・・

海外(アメリカ)の副作用(4月1日発表)

副作用:56869件(内 死亡:2342件)

アメリカのCDCに報告されているのは、全体の1%といわれています。つまり実際は上記の100倍の件数の副作用が生じている可能性があります。

最新 CDC発表:Search Results from the VAERS Database (medalerts.org)

ワクチン接種は自己責任

自分でちゃんと調べてから決めましょう。テレビが、国が、医者が言っているから、ではなく、自分でちゃんと調べましょう。

何かの判断をする際は、白黒どちらの情報も得てから判断するべきです。間違ってもどちらか一方の情報だけを鵜呑みにして安易に判断する事が無いようにしましょう。後で後悔するのは自分です。

テレビでは絶対放送されないであろう動画です。こちらとテレビの情報両方を見て、決めるのは個人の自由です。

もしよければポチっと応援クリックして頂けると嬉しいです

人気ブログランキング